ヘルペスにんにく

ヘルペスをニンニクで治そうと思いましたが、一週間食べても治りませんでした。

口唇ヘルペスは一度かかってしまうと再発しやすいと言われています。
私も疲れがたまってしまうと唇の周りがピリピリとしてしまい気が付くと「あっ、また出来ている・・」という事が良くあります。
市販薬でヘルペスの再発しやすい人が使える塗り薬もあるので何度も病院に行く事は少なくなったのですが、それでも繰り返しできてしまうととても嫌な気分になります。
特に口元なので人に見えますし、マスクで出勤する事もあるくらいです。
できれば薬を使わないで治したい・・と思って色々調べているとにんにくで口唇ヘルペスが治るという情報を見つけました。
どうしてにんにくで治るのかとても気になります。
にんにくには様々な栄養成分が含まれています。
疲労回復効果も高いですし活力を高めてくれるので元気が無い時のパワーアップに役立ってくれます。
このにんにくですがどのようにすればヘルペスが治るのかよく分からず、とりあえず食べてみようと思いました。
ニオイが気になるのでニオイの気にならないニンニクの梅和えを1ヶ月くらい続けて食べていたのですが、最初の1週間でヘルペスが治らないなと思ったので結局薬を使いました。
それからはヘルペス予防のために食べていますが今のところ効果はあまり実感できません。
元気が出るという点では確かに食べていたほうが元気かもしれません。
それで本当ににんにくを食べれば良いだけなのか調べてみると、食べるのではなくすりつぶしたものをヘルペスに塗るというのが正しいやり方と分かりました。
そこでヘルペスが次にできたらにんにくをすりつぶして塗ってみようと決めました。
案の定、1ヶ月後にやはりヘルペスが出てしまい、早速にんにく治療をやってみました。
にんにくをすりつぶしたら手がとてもにんにく臭くなりました。
手袋をつけてやったほうが良かった・・と後悔しました。そしてにおいが強いのでこれをそのまま唇に塗るのは抵抗がありました。塗っただけでかなり強いにおいが鼻にきます。
塗ってどうしたら良いのかもよく分かりませんでした。
とりあえずすりつぶした汁をしっかりヘルペスに塗って3日くらい続けていました。
しかし何だか悪化してしまった?というような気がしました。
変わらずチクチク、ムズムズとしていますし痛いです。
私にはにんにくでの治療は難しかったのだと思いました。
そのため今もヘルペスができたらお薬を使って治療しています。
やはり塗り薬だと早いですし今のところ一番の方法かなと思います。

このページの先頭へ戻る